AdReaction

「AdReaction」とは、Kantar Millward Brownが行う消費者調査で、
人々がどのように広告を知覚しているか、消費者の広告に対する反応を調査・分析しています。

日本を含む世界40カ国以上・1万人以上の消費者を対象に、様々なチャネルにおける広告キャンペーンに対する市場の反応を調査・分析した「AdReaction」のレポートは、無料で公開しております。

AdReaction 2018:
The Art of Integration

デジタル環境の進展でメディアの断片化が進み、 消費者が広告を目にする機会は増加しています。それと同時に広告主はチャネルやフォーマットの選択肢が増えましたが、データに基づく選定や、チャネルを横断してブランドの一貫性を維持することが新たな課題となっています。2018年度版のAdReactionでは、このメディアの断片化という大きな課題に挑むと共に、「Art of Integration」という機会に焦点を当てます。
詳しく

AdReaction 2017:
Gen X, Y and Z

AdReaction 2017では、世代を横断的に見た時にどのように対応していけば広告は受け入れてもらえるのか、そしていつ・どこでそれぞれの世代は肯定的な反応を示すのかが詳しく書かれています。又、マーケターに向けた広告回避に打ち勝つ戦略法や世代に応じたクリエイティブに関する実践的なアドバイスも含まれています。
詳しく

JP_FINAL_Millward Brown AdReactionVideo_Japan 2015_forPRのサムネイル

AdReaction 2016:
デジタル世界における動画クリエイティブ

AdReaction 2016では、動画に焦点を置き、日本人がまだまだテレビを中心に動画を消費しているものの、デジタルでの消費も増えてきていること、そして、デジタル動画広告はテレビ広告に比べると否定的に受け止められていることを明らかにしました。また、そんな状況の中でもなぜ今後デジタルやモバイルに適応していかないといけないのか、どのように適応していくべきなのかについて提言を行いました。
詳しく


AdReaction 関連記事


チャットボットは広告の未来を変える?

Kantar Millward Brownは、AIチャットボットにアウトストリーム広告を融合させて行う消費者テストに関して、20年以上に及ぶこれまでの膨大な検証結果を、昨年満を期して、新たにリストに加えることとなりました […]

2018.04.26


デジタル広告の視聴態度調査「AdReaction」日本レポート公開! マルチチャネルキャンペーンのブランド効果を最大化する方法 

「AdReaction」(アド・リアクション) 日本レポート公開 Kantar Japanは、「AdReaction: The Art of Integration」の日本語版ローカルレポートを公開いたします。Kanta […]

2018.02.23


ウェビナー録画版: 効果を最大化する、統合されたマルチチャネルキャンペーンの作り方

Kantarが公開した、世界の消費者のデジタル広告視聴態度調査レポート「AdReaction: The Art of Integration」によると、マーケター側では注力しているつもりのマルチチャネル戦略が、消費者視点 […]

2018.02.05


デジタル広告の視聴態度調査「AdReaction」最新グローバルレポート公開! 2018年マーケティング最優先課題は、マルチチャネルキャンペーンの統合 

カンター・ジャパンは、人々がどのように広告、特にデジタル広告を知覚しているか、消費者の広告に対する見方を調査・分析した「AdReaction(アド・リアクション)」の最新版調査レポートを公開いたします。Kantar Mi […]

2018.01.17


2018年デジタルトレンド8選 : Media & Digital Predictions レポート公開

Kantarは、企業のブランド強化をサポートするため、2018年のデジタル・メディア年間予測を発表します。Kantar Millward BrownのMedia & Digital Predictionsは今年1 […]

2017.12.13


ウェビナー録画版:Are you making the right impression?

消費者にリーチできるチャネルの数が増えるにつれ、ブランドはほぼ毎週のように、大量の広告を生み出しています。日々、マーケターはその大量の広告の中に、説得力のあるメッセージを入れることに固執していますが、実際、消費者に残るの […]

2017.06.16


ウェビナー録画版:Is Advertising Dying?

今、広告の在り方は根本的なところから変化しています。世界的に経済成長が鈍化し、デジタルをはじめとする新しいタッチポイントが増える中、マーケターはとりえるアプローチを全て使って短期的な成果を追いかけています。 しかし、この […]

2017.06.13


なぜZ世代が注目されるのか? AdReaction2017 日本レポート公開

世界39か国で実施された動画広告の視聴態度調査最新版「アド・リアクション」「Z世代」と呼ばれる新しい世代が成人をむかえ、徐々に購買力を持ちつつあります。

2017.03.09


史上初のデジタル・ネイティブ「Z世代」の攻略ポイントは、音楽!

世界39か国で実施された動画広告の視聴態度・調査最新版「アド・リアクション」ローンチのお知らせ カンター・ジャパンは、人々がどのように広告を知覚しているか、2001年から実施している「AdReaction」の調査結果を毎 […]

2017.01.12


デジタル・メディア年間予測 2017年版

マーケターが知っておくべき、デジタル・トレンド6選、優先課題はZ世代 カンターは、企業のブランド強化をサポートするため、2017年のデジタル・メディア年間予測を発表いたしました。Kantar Millward Brown […]

2016.12.07


【Knowledgeshare】消費者にスキップされないデジタル広告をつくるためには

カンター・ジャパンは、16歳から45歳のマルチスクリーンユーザー(テレビを所有(又は使用)し、かつスマートフォン又はタブレットを所有(又は使用)している人)に対して、テレビ、オンラインビデオ、モバイルビデオのフォーマット […]

2015.12.25


広告評価調査「AdReaction 2016」

AdReaction(アド・リアクション)は、デジタルフォーマットをはじめ、さまざまな広告が登場する昨今における消費者の実態調査です。 カンター・ジャパンは、人々がどのように広告を知覚しているか、2001年から毎年実施さ […]

2015.12.25


テレビ広告を好ましいと感じる人の割合が高い日本。

先進国では一番。テレビ広告を好ましいと感じる人の割合が高い日本 – テレビを所有(又は使用)し、かつスマホ又はタブレットを所有(又は使用)する16歳から44歳の人の広告の捉え方。26ヵ国調査 – […]

2014.03.26


このカテゴリの記事をもっと「KANTAR MILLWARD BROWN」