Kantarは長年にわたり、消費者やマーケターのメディア体験や認識についてそれぞれ調査を行ってきました。MediaReactionsは、これまでのAdReaction調査(消費者調査)とGetting Media Right調査(マーケター調査)を組み合わせて、さまざまなチャンネルやメディアのコンテキストに対する人々の認識や態度を調査しました。


Media Reactions Archives

【Global Media Webinar】10月14日(水) Media Reactionsフォローアップウェビナーのご案内:良い広告をどこでどのように見せるのか

「Media Reactions」調査レポートは、このような困難な状況を乗り切るために役立つインサイトを提供するKantarの新しい調査です。さまざまなチャネルやブランドに対する消費者の認識や、マーケティング担当者の嗜好を調査・分析しています。10月14日のウェビナーでは、本調査で得られた知見によって、現在のメディアをとりまく状況とそのナビゲート方法を解説いたします。

2020.10.05

Press Release:カンター、世界初の「グローバル広告エクイティランキング」を発表 世界の消費者は、TikTok上の広告に好意的

Kantar (カンター)は、世界初となる「グローバル広告エクイティランキング」を発表いたしました。このランキングは、様々な環境における消費者の広告に対する態度を測定したKantar の「Media Reactions (メディア・リアクションズ)」 調査のデータ分析レポートの中で詳細をまとめています。

2020.10.01

【Publicity /Event Report】 週刊東洋経済に、イベントレポート掲載。東洋経済新報社xWPPグループ ブランドフォーラム 「グローバル視点からみた日本企業のブランド・パワー」

東洋経済新報社とWWPグループは、2019年11月にグローバル視点からみた日本企業が持つブランドパワーの実力と可能性をテーマとしたフォーラムを開催いたしました。 また、第1回目となる「ブランドZ 世界で最も価値のある日本 […]

2020.01.10

ウェビナーのご案内:ブランド成長につながる広告クリエイティブ-ジェンダーがもたらす効果

Kantar の世界のデジタル広告視聴態度調査であるAdReaction(アド・リアクション)。その最新レポート「Getting Gender Right」は、ブランドや企業の広告クリエイティブにおけるジェンダーの描写が […]

2019.02.13

デジタル広告の視聴態度調査「AdReactionアド・リアクション」最新グローバルレポート公開

カンター・ジャパンは、人々がどのように広告、特にデジタル広告を知覚しているか、消費者の広告に対する見方を調査・分析した「AdReaction」の調査レポートを毎年公開しています。 最新のアド・リアクションレポート「AdR […]

2019.01.29

キャンペーン統合にマーケターの苦戦続く

複雑化するデジタル広告の世界、消費者にリーチするための戦略が適切に統合されていないことによって、マーケターは自社のマーケティング能力の評価に自信が持てず苦戦しています。その主な理由は、クロスチャネルキャンペーンの動向がど […]

2018.10.16

チャットボットは広告の未来を変える?

Kantar Millward Brownは、AIチャットボットにアウトストリーム広告を融合させて行う消費者テストに関して、20年以上に及ぶこれまでの膨大な検証結果を、昨年満を期して、新たにリストに加えることとなりました […]

2018.04.26

デジタル広告の視聴態度調査「AdReaction」日本レポート公開! マルチチャネルキャンペーンのブランド効果を最大化する方法 

「AdReaction」(アド・リアクション) 日本レポート公開 Kantar Japanは、「AdReaction: The Art of Integration」の日本語版ローカルレポートを公開いたします。Kanta […]

2018.02.23

ウェビナー録画版: 効果を最大化する、統合されたマルチチャネルキャンペーンの作り方

Kantarが公開した、世界の消費者のデジタル広告視聴態度調査レポート「AdReaction: The Art of Integration」によると、マーケター側では注力しているつもりのマルチチャネル戦略が、消費者視点 […]

2018.02.05

デジタル広告の視聴態度調査「AdReaction」最新グローバルレポート公開! 2018年マーケティング最優先課題は、マルチチャネルキャンペーンの統合 

カンター・ジャパンは、人々がどのように広告、特にデジタル広告を知覚しているか、消費者の広告に対する見方を調査・分析した「AdReaction(アド・リアクション)」の最新版調査レポートを公開いたします。Kantar Mi […]

2018.01.17

今、デジタル広告で起きていること —「Getting Media Right 2017」レポート公開—

今年4年目となるカンター・ミルウォード・ブラウンの「Getting Media Right 2017」の調査は、世界各国のブランド、メディア企業、広告代理店などで働く330人以上のマーケットリーダたちの回答に基づいており […]

2017.09.14

AdReaction 2017

背景と目的 新しい世代が成人として社会進出し、購買力をつけようとしています。 Z世代 はポスト・ミレニアル世代、センタニアル世代とも呼ばれており、スマートフォンと共に育ってきた一番最初の世代ということで 世界的にマーケタ […]

2017.05.04

Getting Media Rightとは

Introduction アドテクノロジーの進化と共に複雑化するデジタル広告の世界において、デジタルとメディアを単体で考えるわけにはいきません。これまで以上に多くのチャネルやタッチポイントが存在し、メディアの多様化が進む […]

2017.05.04

なぜZ世代が注目されるのか? AdReaction2017 日本レポート公開

世界39か国で実施された動画広告の視聴態度調査最新版「アド・リアクション」「Z世代」と呼ばれる新しい世代が成人をむかえ、徐々に購買力を持ちつつあります。

2017.03.09

史上初のデジタル・ネイティブ「Z世代」の攻略ポイントは、音楽!

世界39か国で実施された動画広告の視聴態度・調査最新版「アド・リアクション」ローンチのお知らせ カンター・ジャパンは、人々がどのように広告を知覚しているか、2001年から実施している「AdReaction」の調査結果を毎 […]

2017.01.12

JP_FINAL_Millward Brown AdReactionVideo_Japan 2015_forPRのサムネイル
AdReaction 2016: デジタル世界における動画クリエイティブ

はじめに AdReactionは、2001年から毎年実施されている調査です。デジタルフォーマットをはじめ、さまざまな広告が登場する昨今において、 消費者がどのようにそれを知覚しているかのインサイトを得るために行われていま […]

2016.05.04

【Knowledgeshare】消費者にスキップされないデジタル広告をつくるためには

カンター・ジャパンは、16歳から45歳のマルチスクリーンユーザー(テレビを所有(又は使用)し、かつスマートフォン又はタブレットを所有(又は使用)している人)に対して、テレビ、オンラインビデオ、モバイルビデオのフォーマット […]

2015.12.25

広告評価調査「AdReaction 2016」

AdReaction(アド・リアクション)は、デジタルフォーマットをはじめ、さまざまな広告が登場する昨今における消費者の実態調査です。カンター・ジャパンは、人々がどのように広告を知覚しているか、2001年から毎年実施され […]

2015.12.25

テレビ広告を好ましいと感じる人の割合が高い日本。

先進国では一番。テレビ広告を好ましいと感じる人の割合が高い日本 – テレビを所有(又は使用)し、かつスマホ又はタブレットを所有(又は使用)する16歳から44歳の人の広告の捉え方。26ヵ国調査 – […]

2014.03.26