小さな幸せを届けるーコカコーラの事例

幸福感。私たちは皆、この感情を知っています。

コカ・コーラ社は、Millward Brownの発想から生まれたある戦略により、キャンペーンの一つ「Happiness Machine」を成功させました。このキャンペーンの予算は最小限に抑えられ、有料メディアを使用せず、オンラインビデオとしてリリースするものとして考案されました。制作した動画はコカ・コーラ社のFacebookページにアップロードされ、通常通り拡散されました。

さて、どうなったのでしょうか?この動画は、大ヒットに大化けしたのです!

まず、Millward Brownはコカ・コーラ社のブランドに潜在するあらゆる可能性を理解するために、いくつかのテストを行うことを奨励しました。コンセプトはテレビ広告として使用できるものか?拡散を成功させる秘訣とは?このコンセプトをコカ・コーラ社のマーケティング活動の他の分野にも取り入れることができるか?

初期のLinkテストでは、コカ・コーラ社がテストしたすべての広告の上位1%にこの動画が掲載されました。 Millward Brownが消費者の興味を追跡するプロセスとして提案したのは、TVの効果を高めるための広告短縮とその上映時間のコスト削減でした。そしてコカ・コーラ社は、「アメリカン・アイドル」の決勝戦の放映時間枠が効果的だという確信のもと配信を行い、2500万人の視聴者に達したのです。

さらに、コカ・コーラ社とMillward Brownは、より多くのタッチポイントにまたがる経験的要素を含む「Happiness Machine」の概念を拡大するためのワークショップを開催しました。クライアントと代理店との共同開発によりうまれたこの素晴らしいキャンペーンは、Facebook、Twitter、YouTubeなど、コカ・コーラ社のソーシャルメディアチャネルを通じて何度も再生されました。

このキャンペーンに関わった人全員に、幸せな体験をもたらしたこのキャンペーンは、起業やブランドが持つ素晴らしいアイデアを最大限に引き出すためにどのような調査が役立つかを示す良い事例として紹介されています。