KANTAR VERMEER

Insight 2020、米 Harvard Business Review誌に特集掲載

2016年9月2日 広報室

カンター・グループのカンター・フェルメール(Kantar Vermeer)社が実施した「インサイト2020調査」(Insight 2020)が、米ハーバードビジネスレビュー誌 9月号に取り上げられ、10ページの特集記事として掲載されています。

時代の移り変わりとともに、ビジネス環境も変わり、企業やブランドの顧客起点の成長(=Customer Centric Growth)が優位性につながる時代になりました。顧客データからインサイトを導き分析することの必要性について、多くの優良ブランドはすでに認識しているのです。

Customer-Centric-Growth.gif

本調査は、インサイトとその分析法、そしてそれを実行する組織と能力をいかに一貫性をもってリードしていくかというグローバル・マーケティング・リーダーシップの先駆けとなるもので、企業やブランドの世界共通の課題を紐解きます。記事の中では、グローバル企業であるユニリーバの成功事例、その背景にある本調査が索引する”Customer Centric Growth” について詳しく取り上げられています。
HBR-Sep16-Cover-.gif

【Article Information】
Published on August 16th, 2016
Issue: September 2016 ,Pages: 64 – 74


KEYWORDS この記事のキーワード: