キーワード: MillWARDBROWN

AdReaction / REPORTS 2019.01.29

デジタル広告の視聴態度調査「AdReactionアド・リアクション」最新グローバルレポート公開

カンター・ジャパンは、人々がどのように広告、特にデジタル広告を知覚しているか、消費者の広告に対する見方を調査・分析した「AdReaction」の調査レポートを毎年公開しています。 最新のアド・リアクションレポート「AdR […]

TOOLS / ニュース 2018.12.25

Media / Publicity : MarkeZine vol.36に寄稿記事が掲載されました:インテグレート社との業務提携によるソリューション「ブランド・パーセプション・マネジメント(BPM)」について解説しています。

翔泳社のマーケジン(12月25日発行)に、インテグレート社、戦略コンサルティング部 シニアディレクターの横江淳次氏と、当社のメディア&デジタル ディレクター関井利光による共著で、「次世代マーケティング教室」というコラムペ […]

TOOLS / ニュース 2018.09.13

Press Release: インテグレートとカンター・ジャパンが業務提携:理想のパーセプション(認識)を実現するIMC(統合型)マーケティングサービスの提供を開始

株式会社インテグレート(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:藤田康人、以下、インテグレート)と、株式会社カンター・ジャパン(東京本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:大竹秀彦、以下、カンター・ジャパン)は業務提携 […]

INSIGHTS / TOOLS / ニュース 2018.08.31

News: Kantarのブランドエクイティ評価システム「The Meaningfully Different Framework」が、MASBによる評価基準の認定取得

カンター・ミルウォード・ブラウン(Kantar MillwardBrown)のブランドエクイティ(価値)評価システムである「The Meaningfully Different Framework (MDF) 」が、「マーケティング・アカウンタビリティ・スタンダード・ボード(以下、MASB)」による「マーケティング指標の監査プロトコル(以下、MMAP)」の審査プロセスにおいて測定基準の審査を完了いたしました。

INSIGHTS / TOOLS 2018.08.27

【どのようにブランドの差別化を図るのか】

前記事「プレミアムとは何を意味するのか」に引き続き、今回はどのようにその差別化を図るのかについて明らかにします。

BrandZ / INSIGHTS / TOOLS 2018.08.22

【プレミアムとは何を意味するのか】

ブランドの価格プレミアムを設定することはブランドエクイティの重要な構成要素ですが、しばしば見過ごされることがあります。有意義に差別化を図るブランドは、イノベーションや強固なマーケティング力を利用して、ブランドをプレミアム […]

BrandZ / INSIGHTS / REPORTS 2018.06.15

Press Release: テクノロジーの勢い止まらず、ランキング史上類を見ない成長率/世界で最も価値のある日本ブランドはTOYOTA(トヨタ)

GoogleがAppleを上回り、ブランド価値1位を奪還。世界で最も価値のある日本ブランドは、トヨタ。—ブランドZ™ Top 100 Most Valuable Global Brands Ranking —

BrandZ / INSIGHTS / REPORTS / セミナー&イベント 2018.06.12

6月14日(木)ウェビナーのご案内:ブランドZデータから学べること

先月、WPPとKantarは、2018 ブランドZ Global Top 100 Most Valuable Global Brandsのランキングとレポートを公開いたしました。私たちは、世界中にある多くのブランドについ […]

BrandZ / REPORTS 2018.05.27

2018年 世界で最も価値のあるブランドトップ100ランキング発表

5月29日は、ブランドZ™ Top 100:世界のブランド価値ランキング 発表 WPP/Kantarによる2018年最新の世界のブランド価値ランキング(『#ブランドZ™ Top 100 Mos […]

INSIGHTS / セミナー&イベント 2018.05.18

ウェビナー録画版 : 人種・ジェンダー、重視すべきは多様性

活用すべきは、ダイバーシティの力 ブランドの広告がジェンダーや人種の多様性を強調することは、短期だけでなく長期に渡ってパフォーマンスが良くなる傾向があります。そして、ステレオタイプ的な描写をすると、ブランドの評判を悪くし […]

AdReaction / INSIGHTS 2018.04.26

チャットボットは広告の未来を変える?

Kantar Millward Brownは、AIチャットボットにアウトストリーム広告を融合させて行う消費者テストに関して、20年以上に及ぶこれまでの膨大な検証結果を、昨年満を期して、新たにリストに加えることとなりました […]

BrandZ / INSIGHTS / REPORTS / セミナー&イベント 2018.04.06

ウェビナー録画版: 心に深く印象づけるために

ブランドが消費者の心に刻まれる瞬間、多くのブランドキューが消費者に印象づいたとき、そのブランドは競合にはない強みを持っていることになります。たとえば、スローガン、ロゴ、色、デザインやパッケージが有意義で、かつ有名人からの […]

AdReaction / Getting Media Right / INSIGHTS / REPORTS 2018.02.23

デジタル広告の視聴態度調査「AdReaction」日本レポート公開! マルチチャネルキャンペーンのブランド効果を最大化する方法 

「AdReaction」(アド・リアクション) 日本レポート公開 Kantar Japanは、「AdReaction: The Art of Integration」の日本語版ローカルレポートを公開いたします。Kanta […]

AdReaction / INSIGHTS / REPORTS / セミナー&イベント 2018.02.05

ウェビナー録画版: 効果を最大化する、統合されたマルチチャネルキャンペーンの作り方

Kantarが公開した、世界の消費者のデジタル広告視聴態度調査レポート「AdReaction: The Art of Integration」によると、マーケター側では注力しているつもりのマルチチャネル戦略が、消費者視点 […]

AdReaction / Getting Media Right / REPORTS 2018.01.17

デジタル広告の視聴態度調査「AdReaction」最新グローバルレポート公開! 2018年マーケティング最優先課題は、マルチチャネルキャンペーンの統合 

カンター・ジャパンは、人々がどのように広告、特にデジタル広告を知覚しているか、消費者の広告に対する見方を調査・分析した「AdReaction(アド・リアクション)」の最新版調査レポートを公開いたします。Kantar Mi […]

INSIGHTS / REPORTS 2017.12.13

2018年デジタルトレンド8選 : Media & Digital Predictions レポート公開

Kantarは、企業のブランド強化をサポートするため、2018年のデジタル・メディア年間予測を発表します。Kantar Millward BrownのMedia & Digital Predictionsは今年1 […]

INSIGHTS 2017.10.18

KNOWLEDGE POINT: 運用型広告のブランディング活用—事例から読み解く!ビューアビリティとブランドリフトの関係

運用型広告で競合ブランドに差をつける秘訣とは? 昨今の逆風の中でも、運用型広告の利用は依然として増加が見込まれており、その利用目的もブランディングへシフトしていくと予測されている。本記事では、運用型広告*をブランディング […]

Getting Media Right / INSIGHTS / REPORTS 2017.09.14

今、デジタル広告で起きていること —「Getting Media Right 2017」レポート公開—

今年4年目となるカンター・ミルウォード・ブラウンの「Getting Media Right 2017」の調査は、世界各国のブランド、メディア企業、広告代理店などで働く330人以上のマーケットリーダたちの回答に基づいており […]

TOOLS 2017.09.13

複数の調査が一つで叶う「プラットフォーマー横断ブランドリフト調査」の提供開始

カンター・ジャパンは、デバイス横断かつプラットフォーマーも横断するブランドリフト効果測定調査 Brand Lift Insights Across Platformers(ブランド・リフト・インサイツ・アクロス・プラット […]

BrandZ / REPORTS / セミナー&イベント 2017.07.07

ウェビナー録画版: ブランドZ™ Vital Signでブランドの健康管理を

ブランドZのバイタルサインで、「Healthy」と分類されたブランドは、過去12年間で232%以上の成長を示しています。 これに対し、バイタルサインの数値の弱いブランドは、同じ期間にたった15%の成長しか見られませんでし […]