キーワード: コロナ禍

セミナー&イベント 2020.09.10

【Global Webinar】9月17日(木)英語ウェビナーのご案内:Identifying brand opportunities in the age of COVID-19 コロナ禍におけるブランドの成長機会を見極める

このウェビナーでは、パンデミックを乗り切り、ブランドを成功に導くために必要かつ重要なことをお伝えします。

セミナー&イベント 2020.08.21

【ライブウェビナー登壇のお知らせ】8月26日(水)マーケティング共創協会主催のウェビナー「生活者のパーセプション変化を捉えたマーケティング実践のヒント〜めまぐるしく変化する未来に備える〜」

一般社団法人マーケティング共創協会主催のライブウェビナーに、株式会社インテグレートの三宅隆之氏と当社のブランド&コミュニケーションディレクターの臼田朝美が登壇します。

INSIGHTS / TOOLS 2020.06.17

アフターコロナで強まるブランドコミュニケーションでのデジタル活用という課題、 調査ソリューション『ContextLab(コンテキスト・ラボ)』のご紹介

「ContextLab(コンテキスト・ラボ)」はメディアや広告メニューの違いによる広告クリエイティブの効果の違いを明らかにするためのソリューションで、広告クリエイティブを配信するコンテキストを再現(インコンテキスト環境)し、その環境下で広告接触による効果を計測します。

INSIGHTS / TOOLS 2020.06.15

どうする!?ニューノーマルで加速したデジタルシフト、新しいエコシステムで勝つための調査ソリューション『CONNECT(コネクト)』のご紹介

複雑化するものの新たな差別化の機会を提示するタッチポイント課題に対する解決策として、カンターが開発したソリューション「CONNECT」をご紹介します。これは、行動経済学やニューロの考え方を、サーベイデザインの革新やヒューリスティックな多変量解析に応用して開発された調査ソリューションで、消費者を360度囲む包括的ブランド体験のすべてのタッチポイントを同じ土俵で評価したときに、どのタッチポイントがブランドにとって効果的であり、効率的なのかを明らかにします。

セミナー&イベント 2020.06.12

【COVID-19 JAPAN Webinar】 日本語ウェビナーのお知らせ:「アフターコロナのバジェットカットを乗り越える」Generate higher ROI beyond budget cut

この危機を乗り越えて持続可能な長期的な成長を可能にするため、このウェビナーでは、コロナ禍で消費者に起こった変化を振り返りつつ、アフターコロナで重要になること、そして、バジェットカットに対してどう対処していくべきかについてメディアとアナリティクスの観点からご紹介します。

INSIGHTS 2020.05.31

困難な状況下の新たなマーケティングプランの作り方II:生活者の「感情」に寄り添うブランディングとは?-SNS投稿から新型コロナウイルスに関する人々の感情を紐解く

オリンピックの延期、新型コロナウイルス問題の対応のため緊急事態宣言の発動などを踏まえ、多くのクライアントが新たなマーケティングプランを作成しなくてはならなくなりました。 この様な流動的で先が読みにくい状況において、Kan […]

INSIGHTS 2020.05.19

困難な状況下の新たなマーケティングプランの作り方Ⅰ:未来に備える

2020年、日本ではマーケターの誰もが予測しなかった事が立て続けに起きました。東京オリンピック開催の延期。そして、新型コロナウイルス問題の対応のため緊急事態宣言が発動。消費者の意識や行動は、大きく変化し続けています。予定 […]