AdReaction 2018: The Art of Integration


THE ART OF INTEGRATION

よく実行されたマルチチャネルキャンペーンは芸術的です。
一部を見るだけでその世界観に入り込むことができ、
補完的な要素がより大きな全体に加わり自然に統合されていきます。

こうしたキャンペーンは、調和がとれています。
私たちを引き寄せ、もっと知りたいという気持ちにさせます。

それならばなぜすべてのキャンペーンはそうではないのでしょうか?


BACKGROUND

今年のAdreactionのテーマである“The Art of Integration”は、マルチチャネルキャンペーンのブランド効果をどのように最大化するかについて調査しています。

  • マルチチャネルキャンペーンにおいて、グローバル全体の現状はどのようになっているか。
  • 全体結果を最大化するためには、どのようにキャンペーンを統合すべきか。
  • それぞれのチャネルフォーマットを最大限に有効活用するためには、どのようにクリエイティブをカスタマイズすべきか。

この“The Art of Integation”はAdreaction調査だけでなく4つの調査データをもとに分析しています。

  1. AdReactionのグローバル消費者調査(45か国で実施。1か国300名以上、世界で14,500名以上のサンプル数)
  2. Link for Campaign(マルチチャネルクリエイティブ調査。7か国で実施。12キャンペーン、60エグゼキュージョンが対象)
  3. CrossMediaデータベース(マルチチャネルキャンペーン効果のデータベース。グローバルで200以上の効果的なキャンペーンが対象)
  4. Getting Media Right(マーケターへのB2B調査。広告主、代理店やメディア企業で活躍する300人のグローバルマーケターが対象)