2020.01.10

【Publicity /Event Report】 週刊東洋経済に、イベントレポート掲載。東洋経済新報社xWPPグループ ブランドフォーラム 「グローバル視点からみた日本企業のブランド・パワー」

12/28-1/4 新春合併特大号 210-211ページ掲載
オンライン記事はこちら

東洋経済新報社とWWPグループは、2019年11月グローバル視点からみた日本企業が持つブランドパワーの実力と可能性をテーマとしたフォーラムを開催いたしました

また、第1回目となる「ブランドZ 世界で最も価値のある日本ブランドランキングTop50」も本イベント内で発表いたしました。今回は、国内企業のお客様に向けて「ブランドという資産は成功への⼤きなファクターである」ということを発信することができ、多くのお客様が自社のブランド成長について考え、フォーラムの内容に関心を寄せられていることを実感できるイベントとなりました。

2019年12月23日発売の「週刊東洋経済」(Page.210-211) および、「東洋経済ONLINE」に本イベントの登壇レポート記事が掲載されておりますので、ぜひご一読ください。

ブランドZ、本イベントに関するお問い合わせは、こちらから。
カンターのブランド・ガイダンス(ブランド戦略)に関する詳細はこちらもご覧ください。

【ブランドZとは】

 「ブランドZ 」は、360万人以上の世界中の消費者アンケートの結果から集められるブランドデータと、各企業の財務実績や業績の分析を組み合わせた唯一のブランド評価調査です。直接消費者に対して行うアンケートでは、彼らが実際に買い物をしているカテゴリーについて評価をしてもらうことで、ユーザーの実体験に則した評価がデータに反映されています。データベースには、消費財(FMCG)、耐久消費財、サービス、店舗、企業ブランドなど、400以上の多岐にわたるカテゴリーにおいて、51か国、16万個以上のブランドの結果が含まれています。

ブランドZによる各国のブランドランキングは、アメリカ、オーストラリア、中国、フランス、ドイツ、インド、インドネシア、イタリア、ラテンアメリカ(アルゼンチン、ブラジル、チリ、コロンビア、メキシコ、ペルー)、オランダ、南アフリカ、スペイン、英国、カナダなど18か国で公開されており、 2019年から日本ブランドのランキングが加わりました。

【2019年イベント概要】   

※本イベントは終了しております。

2019年11月7日(木)東洋経済新報社ⅹWPPグループのブランドフォーラム詳細へ

  • 日時:2019年11月7日(木)14:00-18:00
  • 場所:渋谷ストリーム ホール 東京都渋谷区渋谷3-21-3 渋谷ストリーム4F
  • 定員250名
  • 参加対象:企業の経営層、経営企画、ブランド推進部門などの役員、責任者の方々

※盛況のうちに、無事終了いたしました。お申込みいただいた皆様、ありがとうございました。今後のブランドZイベントの詳細も、本ウェブサイトでご案内いたします。

この記事をシェアする