KANTAR PEOPLE

入社3年、部署が変わり、新たなスタートを切った2人。Kantarにいたからこそ、得られたものとは?

CROSS TALK

“一人前”になるための効率的なステップアップが用意されている

カンター入社3年目の彼らは、中途採用で同時期に入社した同期のような存在。それぞれ違うバックグラウンドを持つ2人はカンター・ジャパンのリサーチマネジメント部からキャリアをスタート。今はクライアントに一番近いクライアントコンサルタントという立場でそれぞれのプロジェクトを牽引しています。想像もしていなかったカンターでの2年間。今回の2人のチャットトークの中には、着実に成長してきた彼らのセオリーがあります。

お互い、カンターに入って3年目に入ったね。
まだ3年目、でもわりと濃い年月だったなーと
お互い異動の時期は違うけれど、調査のプロセスをオーガナイズする立場から、

今は、リサーチのプロとしてクライアントと接する立場に変わった。

僕はまだ異動して数か月だけど。

リサーチ未経験からたったの数年で、

僕らよりもマーケティング歴のあるクライアントの担当者と

コミュニケーションをとっていく立場にいる。

それってすごいスピード感だよね
そうだね。カンターには僕のようにリサーチ未経験で
入ってくる人も案外多く、皆最初は不安だと思うけれど、
僕はリサーチの基礎をちゃんと学ぶ時期があり、
そこで知識と自信を得たうえで異動の話があった。
クライアントから教わることはとても多いし、
刺激的な毎日があるのはカンターのおかげ。
僕の場合は、前職のリサーチ会社ではとにかく
データの品質を高めることに注力していた。
でも、いまはそのデータを解釈して、
クライアントの意思決定に役立つ提案をすることまでが求められている。
クライアントを理解するのは難しいけれど、
そういう環境で働けるからこそ成長があるんだと感じるよ。
自分たちの成長の源ってなんだったんだろう?
やっぱり教育制度も大きいよね。
うん。カンターは、基礎をちゃんと学ぶための
教育制度や上司からの適切なサポート体制があると思う。
というか、僕が入社してからのたった2年の間にも、
社内教育に関してはどんどん整ってきている感じがする。
そこは外資系企業なだけに社員教育への導入のスピードも速いよね。
グローバルの後ろ盾があるって、めちゃくちゃ大きいと最近とくに感じる。
世界中のカンターオフィスがブランドとして
一つになろうという動きが強まったのが、
ちょうど僕らが入社した2年前だったね。
さまざまな変化の波についていくのも大変だけれど、
その中で感じるのは、「カンターで働く人」を大切にしようと、
グローバル全体で改めて動きだした感じがするよね。
たしかに。カンター・ジャパンは200人規模の少数精鋭の企業、でも世界では3万人が働く大企業。
グローバルから届けられる教育材料や研修は、
ウェビナーや、LinkedInを使ったものまで多彩。
正直処理しきれないぐらい転がっている。
200人規模の企業では、この環境は絶対ない!
社員の成長のための仕組みが様々用意されてる。
そう、徹底的に“働く人”に投資するカルチャーに変化しているよね。
カンターでの仕事ではどういうところに、やりがいや達成感を感じる?
僕はクライアントへのアウトプットは、
事前のコミュニケーションがあるからこそだと思っている。
自分の組み立てたロジックをクライアントに受け入れてもらうためには、
クライアントの状況を理解していないと絶対に成り立たない。
リサーチの土台と自信の積み重ねだけではなく、
経験値の高い上司や同僚からのサポート、
クライアントと一丸となれるコミュニケーション、
すべてが全部レポートや分析におさまったとき達成感を感じるよ
なるほどね。
僕は、前職からずっとリサーチ業界に携わってきたこともあり、
カンターで最初に配属されたリサーチマネジメントの部署で
これまでの知識を使ってプロセスを管理したり、改善することも楽しかった。
まだ異動して間もないけれど、クライアントコンサルタントの
経験も絶対今後に活きてくると思ってる。
自分が本当に面白くてやりたいことはなにか、
いろんな経験から探っていけたらいいなと。
今後の目標とかってある?
そうだなあ、いま積み重ねている経験が自信となって
クライアントと本当のパートナーシップを築けるようになることが目標かな。
そう思うのは、経験豊富なクライアントのブランド担当者を相手に、
リードできる経験値の高い先輩たちが社内にいることが大きいよ。
リサーチって知識だけじゃない、経験値がものをいう職人技的なところもある。
先輩たちのように、将来自分が一つのアカウントのオーナーとなって
全体をマネージメントできるようになれたらいいなと思うし、
そういうことを実現できるのもカンターの魅力。
そういう意味では、先輩から教わりながらも
自発的に考える習慣を持ち続けていれば、伸びていける環境がカンターにはあるね
カンターでは、自分で考えて何かを生み出すということを、若いうちから習得できる。
自主性を求めるひとには本当にベストな環境だと思う。
なおかつ、マーケティングをなる早で習得するには、
リサーチ業界って一番の近道だった気がする。
そうだね。
この業界には難しいことや大変なこともあるけど、
カンターにはお手本となるような先輩方がたくさんいるし、
教育やサポートもどんどん充実してきている。
将来、マーケティングやリサーチの分野で
魅力的な存在になりたい人にとって、
今すごくカンターにはチャンスがあると感じるので、
是非多くの学生さんに応募してもらいたいね。
この記事をシェアする

OTHER KANTAR PEOPLE

明るく自由に、やりたいことに対して声を上げてやりたいと言えばやらせてもらえる環境があります。

MANNAGEMENT MESSEAGE 経営陣からのメッセージ

入社3年、部署が変わり、新たなスタートを切った2人。Kantarにいたからこそ、得られたものとは?

社員アンケート:Kantar Japanの良いところ