KANTAR PEOPLE

世界100か国以上にオフィスを持つカンターは、それぞれの社会や地域に貢献するため、定期的に社員が社会貢献活動に参加する機会を設けています。

CSR Activities

フードバンクや地域の清掃活動に参加

Food bank drive and community cleanup activities

Kantar regularly provides employees with opportunities to participate in social contribution activities.

We, Kantar Japan supported Second Harvest Japan, the first non-profit organization engaged in *foodbank drive activities in Japan.     *A foodbank drive is a non-profit, charitable organization that distributes food to those who have difficulty purchasing enough to avoid hunger.

今年、カンター・ジャパンオフィスは、国内初のフードバンク活動*に取り組んでいるNPO法人であるセカンドハーベスト・ジャパンに賛同し、社内で「フードドライブ」を実施いたしました。

注釈* 食品メーカーや大手スーパーなどの企業から、様々な理由で市場に流通できなくなったものの、本当はまだ十分安全に食べられる食品を引き取り、子どもたちや路上生活者に届ける活動。2000年に活動を開始し、2002年には法人化。:セカンドハーベスト・ジャパン公式HP:http://2hj.org/ より抜粋

オフィスカフェテリア内にフードドライブエリアを設置。
We set up some food bank areas in our office cafeteria space.

カレー、シチュー、レトルト食品、スナック菓子、飲料など、
各家庭から持ち寄りました。
Retort food , snacks, beverages, etc from each family.

Recently, interest in food loss and its effective use is increasing, and companies all over the world are expanding their efforts in such food bank activities. The food collected in our office can be delivered to families who are having difficulty living, mother-child life support facilities, and child-care facilities through the Second Harvest Japan.

昨今、食品ロスやその有効活用への関心が高まっており、企業等によるフードバンク活動への取り組みは拡大しています。 私たちのオフィスで集められた食べ物も、セカンドハーベスト・ジャパンのネットワークを通じて、生活に困っているご家庭や、母子生活支援施設、児童養護施設へ配送されます。

And, we spent our working time to clean up Yoyogi Park where our office is located with wearing white cap with Kantar logo.

また、 勤務時間の一部を地域の清掃活動に使いました。カンターオフィスのある渋谷区、代々木公園の清掃。カンターのロゴキャップをかぶって行っています。

We ‘d like to continue creating opportunities that contribute to society and participate in more various local activities.

当社は、今後も社会貢献につながる活動を継続して行う機会をつくり、様々な地域活動にも参加していきたいと考えています。

この記事をシェアする

OTHER KANTAR PEOPLE

突発的に起きる自分の欲求や感情がどこからきているのかを考え、自分についてより理解することがマーケティングの仕事をする際において大きな楽しみの一つになっています。

Kantarには議論を良しとする風土があるので、人を集めれば何かしら議論が生まれ、新たな視点やアイデアをもらえます。

明るく自由に、やりたいことに対して声を上げてやりたいと言えばやらせてもらえる環境があります。

Kantarに強く興味を持ったきっかけの一つが、書類選考自体の面白さ。ただメンバーを引っ張って結論に結びつけるコミュニケーション重視のグループディスカッションではなく、与えられた製品から何を想像するかを議論しました。