キーワード: HotTopics

「 キーワード: HotTopics」について以下の記事がヒットしました。

ニュース

【ニュース】各ソリューションブランド名を「Kantar(カンター)」に統一

私たちカンターは、これまで各オペレーティングブランド名のもとで提供していたすべてのサービスについて、2019年4月よりブランド名を「Kantar(カンター)」に統一することを発表いたしました。日本では世界に先駆けてブランドを統一し、カンター・ジャパンとして専門サービスを提供しておりましたが、今後は海外においてもワンストップでのサービス提供を行ってまいります。

2019.04.02


ニュース

【プレスリリース】 カンター、自社初の企業様向け 「セルフ型リサーチ」及び「インサイトストア」を世界30カ国で始動

マーケティングのインサイトとコンサルティングで世界をリードするカンター(日本本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:大竹秀彦、以下、カンター・ジャパン)は、自社初となるセルフ型オンデマンドリサーチ及びインサイトストア […]

2019.03.27


インスピレーション / ニュース

【メディア掲載】Campaign Japan:今年の国際女性デーに、アジアのブランドはジェンダーの固定観念をどう克服するか

Kantar のインサイト部門でブランドの地域担当を務めるアニタ・ラオ・カプールの考察が、アジア最大の広告専門誌『Campaign Asia Pacific』に掲載、さらに同誌『Campaign Japan』にも日本語で […]

2019.03.08


KANTAR HEALTH

KANTAR HEALTH 「Edge of Insight Report 2019」 公開

医薬品およびヘルスケア市場におけるブランドリーダーに向けた、KANTAR HEALTHの最新のエッジ・オブ・インサイトレポートを公開いたします。

2019.03.07


KANTAR MILLWARD BROWN

ウェビナーのご案内:ブランド成長につながる広告クリエイティブ-ジェンダーがもたらす効果

Kantar の世界のデジタル広告視聴態度調査であるAdReaction(アド・リアクション)。その最新レポート「Getting Gender Right」は、ブランドや企業の広告クリエイティブにおけるジェンダーの描写が […]

2019.02.13


ニュース

【プレスリリース】セルフ型リサーチ及びインサイトストアサービス「カンター・マーケットプレイス」2019年3月より提供開始

この度カンターは、セルフ型リサーチとインサイトを提供するオンデマンド・プラットフォームとなる「カンター・マーケットプレイス(Kantar Marketplace)」の提供開始を発表いたしました。カンター・ジャパンは、日本 […]

2019.02.01


KANTAR MILLWARD BROWN

デジタル広告の視聴態度調査「AdReaction」(アド・リアクション)最新グローバルレポート公開

カンター・ジャパンは、人々がどのように広告、特にデジタル広告を知覚しているか、消費者の広告に対する見方を調査・分析した「AdReaction(アド・リアクション)」の調査レポートを毎年公開しています。 最新のアド・リアク […]

2019.01.29


KANTAR MILLWARD BROWN / ニュース

【メディア掲載】MarkeZine(マーケジン) vol.36に寄稿記事が掲載されました

翔泳社のマーケジン(12月25日発行)に、インテグレート社、戦略コンサルティング部 シニアディレクターの横江淳次氏と、当社のメディア&デジタル ディレクター関井利光による共著で、「次世代マーケティング教室」というコラムペ […]

2018.12.25


ニュース

高度化する様々な機器と相互に接続するコネクテッド・インテリジェンス、人工知能(AI)、そして音声テクノロジー。2019年はメディアランドスケープが大きく変わる。

Kantarは、ブランドオーナー、代理店、およびメディアプラットフォームのメディアランドスケープを形成する2019年の主要トレンドの予測を発表しました。2019年メディア業界を変える以下の12 のキートレンドについて、詳しいレポートを公開しています。

2018.12.11


SOLUTIONS / ニュース

アジアの消費者は、自分たちが日頃から関心を持っている社会課題にブランドが取り組むことを期待している。

KANTARでは、アジアのような多様性をもつ地域の全体で、人々にとって重要な問題とは何かを定義し、測定する調査として、「PURPOSE IN ASIA」の報告書をまとめています、2018年8月、9月と9つの国で行われたこの調査は、アジア市場におけるブランドの役割と今後の課題を示すものです。

2018.12.10


KANTAR MILLWARD BROWN

キャンペーン統合にマーケターの苦戦続く

複雑化するデジタル広告の世界、消費者にリーチするための戦略が適切に統合されていないことによって、マーケターは自社のマーケティング能力の評価に自信が持てず苦戦しています。その主な理由は、クロスチャネルキャンペーンの動向がど […]

2018.10.16


KANTAR MILLWARD BROWN / ニュース

【プレスリリース】インテグレートとカンター・ジャパンが業務提携:理想のパーセプション(認識)を実現するIMC(統合型)マーケティングサービスの提供を開始

株式会社インテグレート(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:藤田康人、以下、インテグレート)と、株式会社カンター・ジャパン(東京本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:大竹秀彦、以下、カンター・ジャパン)は業務提携 […]

2018.09.13


KANTAR MILLWARD BROWN / ニュース

【ニュース】Kantarのブランドエクイティ評価システム「The Meaningfully Different Framework」が、MASBによる評価基準の認定取得

カンター・ミルウォード・ブラウン(Kantar MillwardBrown)のブランドエクイティ(価値)評価システムである「The Meaningfully Different Framework (MDF) 」が、「マーケティング・アカウンタビリティ・スタンダード・ボード(以下、MASB)」による「マーケティング指標の監査プロトコル(以下、MMAP)」の審査プロセスにおいて測定基準の審査を完了いたしました。

2018.08.31


KANTAR MILLWARD BROWN

【どのようにブランドの差別化を図るのか】

前記事「プレミアムとは何を意味するのか」に引き続き、今回はどのようにその差別化を図るのかについて明らかにします。

2018.08.27


KANTAR MILLWARD BROWN

【プレミアムとは何を意味するのか】

ブランドの価格プレミアムを設定することはブランドエクイティの重要な構成要素ですが、しばしば見過ごされることがあります。有意義に差別化を図るブランドは、イノベーションや強固なマーケティング力を利用して、ブランドをプレミアム […]

2018.08.22


KANTAR MILLWARD BROWN

BrandZデータベースから読み解く、KANTAR のブランド・エクイティ

成功するブランドには様々な特徴がありますが、大まかに3つの要因:差別性、意義性、想起性に分けられます。想起性を高めることでブランドは成長する可能性が高く、有意義な差別性がある場合には、より成長を加速させることが可能です。 […]

2018.08.21


ニュース

【プレスリリース】カンター、ブランドリフト測定において、「Google Measurement Partners」に認定

この度、世界最大規模の広告代理店「WPP」の調査・コンサルティング部門を担うKantar(本社:イギリス、CEO: エリック・サラマ、以下カンター)は、Google Inc.(本社:米国、CEO:サンダー・ピチャイ、以下Google社)の広告効果計測ツールのパートナー「Google Measurement Partners」に認定されました。

2018.08.16


KANTAR HEALTH

KANTAR HEALTH 「Edge of Insight Report 2018」 公開

医薬品およびヘルスケア市場におけるブランドリーダーに向けた、KANTAR HEALTHの最新のエッジ・オブ・インサイトレポートを公開いたします。 企業や組織が、今日の医療市場における成長領域をナビゲートするためには、包括 […]

2018.07.23


KANTAR MILLWARD BROWN

Kantar Brand Guidance レポート公開

2000ブランドを対象に行っているカンターのBrandZ調査レポート。最新レポートの分析によると、2014年から2017年の3年間にかけて成長してきたブランドのうち、市場を一変させるチャンスをものにし、驚くような成長を遂げたのは1割にも満たない、ほんのわずかなブランドのみでした。

2018.06.19


KANTAR MILLWARD BROWN

【プレスリリース】テクノロジーの勢い止まらず、ランキング史上類を見ない成長率 / 世界で最も価値のある日本ブランドはTOYOTA (トヨタ)

GoogleがAppleを上回り、ブランド価値1位を奪還。世界で最も価値のある日本ブランドは、トヨタ。—BrandZ™ Top 100 Most Valuable Global Brands Ranking —

2018.06.15