キーワード: グローバル調査

「 キーワード: グローバル調査」について以下の記事がヒットしました。

KANTAR MILLWARD BROWN

なぜZ世代が注目されるのか? AdReaction 日本レポート公開

世界39か国で実施された動画広告の視聴態度調査最新版「アド・リアクション」「Z世代」と呼ばれる新しい世代が成人をむかえ、徐々に購買力を持ちつつあります。

2017.03.09


KANTAR MILLWARD BROWN

史上初のデジタル・ネイティブ「Z世代」の攻略ポイントは、音楽!

世界39か国で実施された動画広告の視聴態度・調査最新版「アド・リアクション」ローンチのお知らせ カンター・ジャパンは、人々がどのように広告を知覚しているか、2001年から実施している「AdReaction」の調査結果を毎 […]

2017.01.12


KANTAR TNS

アジア・パシフィック地域・インターネットユーザーの利用動向調査

3人に2人がオンライン動画コンテンツを毎日視聴 世界各地のインターネットユーザーの行動を調査したカンターのコネクテッド・ライフ調査によると、アジア・パシフィック地域のインターネットユーザーはこれまで以上に動画コンテンツを […]

2016.12.19


KANTAR WORLDPANEL

iOS新機種iPhone7/7 Plus発売後、
2016年7-9月 世界のスマートフォン利用動向

iOS販売シェア、米国は早くもプラスの影響あり国内は、契約キャリアや利用ブランドの流動化が高まる兆し 市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、世界の携帯電話・スマートフ […]

2016.11.29


KANTAR TNS

InstagramとSnapchatの成長は、ブランドにとっての新たなチャンス。

急増するソーシャルメディア・プラットフォームであるInstagram(インスタグラム)とSnapchat(スナップチャット)、今回は、日本を含むアジア・パシフィック地域における利用実態の公開とともに、これらのソーシャルチャネルの成長をチャンスと捉えるブランドや企業に向けたTIPSをご紹介いたします。

2016.09.28


KANTAR VERMEER

Insight 2020、米 Harvard Business Review誌に特集掲載

カンター・グループのカンター・フェルメール(Kantar Vermeer)社が実施した「インサイト2020調査」(Insight 2020)が、米ハーバードビジネスレビュー誌 9月号に取り上げられ、10ページの特集記事として掲載されています。

2016.09.02


KANTAR TNS

アジア・パシフィック11か国のデジタルコミュニケーション実態調査をリリース

アジア・パシフィック各国のインターネット普及状況は様々ですが、今やソーシャルメディアもすっかり消費者の生活に根付いています。それによる消費者行動の変化は年を追うごとに目まぐるしく、多様化するタッチポイントに柔軟に対応する […]

2016.08.31


KANTAR MILLWARD BROWN

2016年、世界で最も価値のあるブランドTOP100 — WPPブランド価値ランキング

GoogleがAppleを上回り、ブランド価値1位を奪還。世界で最も価値のある日本ブランドは、トヨタ。—BrandZ™ Top 100 Most Valuable Global Brands Ranking —

2016.06.30


KANTAR TNS

日本の感覚ではわからない、世界のメディア環境。
日本はいまだにPC中心の、メディアシフト後進国

昨年11月に掲載した、テイラーネルソン・ソフレス(TNS)社が世界50か国で実施した調査、「CONNECTED LIFE2016」の記事(前回記事はこちら)について、よくいただく質問への回答を踏まえ、レポートから分かるこ […]

2016.03.02


KANTAR MILLWARD BROWN

【Knowledgeshare】消費者にスキップされないデジタル広告をつくるためには

カンター・ジャパンは、16歳から45歳のマルチスクリーンユーザー(テレビを所有(又は使用)し、かつスマートフォン又はタブレットを所有(又は使用)している人)に対して、テレビ、オンラインビデオ、モバイルビデオのフォーマット […]

2015.12.25


KANTAR MILLWARD BROWN

広告評価調査「AdReaction 2015」

AdReaction(アド・リアクション)は、デジタルフォーマットをはじめ、さまざまな広告が登場する昨今における消費者の実態調査です。 カンター・ジャパンは、人々がどのように広告を知覚しているか、2001年から毎年実施さ […]

2015.12.25


KANTAR TNS

「Connected Life 2016」販売開始

スマホ所有率が増え、PCからスマホへと消費者の利用するデバイスも大きく変化し、消費者の行動もクロスデバイス化しています。ブランドにとって、これらの複雑な利用実態を理解しトレンドを知ることは、これからのマーケティング戦略を […]

2015.11.02


KANTAR WORLDPANEL

日本のスマートフォンOS別販売シェアは大幅変化なし

カンター・ジャパンは、携帯電話・スマートフォンおよびタブレット機器の購買・使用動向調査(名称:「カンター・ワールドパネル・コムテック(略:コムテック調査)」)を毎月実施しており、そのデータやレポートを販売しています。 日 […]

2015.04.24


KANTAR FUTURES

チャリティーに時間を費やす可能性が高い人の割合は45%。

チャリティー、社会活動に時間を費やす可能性が高い人の割合は、日本45%、アメリカ77%、ナイジェリア95%。 市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、日本を含む24ヵ国 […]

2014.10.30


KANTAR FUTURES

高齢になるまで働かなければならないと考えている人は61%。

齢になるまで働かなければならないと考えている人は61% – 韓国は81%。16歳以上の消費者の価値観調査 – 市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦 […]

2014.10.23


KANTAR FUTURES

より大きな報酬を得るチャンスのために多少のリスクを負う人の割合は27%。

より大きな報酬を得るチャンスのために多少のリスクを負う人の割合は27% – 24ヵ国中最下位はドイツの24%。日本は23番目に低い – 市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区 […]

2014.09.18


KANTAR FUTURES

アルコール飲料を毎日飲む人の割合が24ヵ国中1番高いのは日本。

アルコール飲料を毎日飲む人の割合が24ヵ国中1番高いのは日本 市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、日本を含む24ヵ国の市場トレンドと将来予測情報(名称:「グローバル […]

2014.09.10


KANTAR WORLDPANEL

5-7月のiPhone販売シェアは約29%。

5-7月のiPhone販売シェアは約29% – 昨年よりも販売シェアが約20ポイント低下 – 市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、携帯電話・ […]

2014.09.04


KANTAR WORLDPANEL

企業幹部の72%が1970・80年代生まれ。

企業幹部の72%が1970・80年代生まれ – 中国都市部での調査 – 市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、世界各国で消費者の価値観や生活態 […]

2014.08.28


KANTAR WORLDPANEL

BBクリームを使う女性、中国都市部で増加の傾向

BBクリームを使う女性、中国都市部で増加の傾向 – 2年前調査時よりも使用者の割合が高まる – 市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、世界各国 […]

2014.08.26