新着情報


Kantar、4つの専門領域を合併。 世界をリードするコンサルティングを提供する 「Kantar Consulting」を立ち上げ。

2018年1月、WPPのデータ・インベスト部門であるKantarはブランドや小売業者が目的としている成長を最大限に実現するため、世界をリードするマーケティング・コンサルティングを提供するKantar Consulting […]

2018.01.18

KANTAR RETAIL 2017年下半期 BREAKTHROUGH INSIGHTS 公開

KANTAR RETAILは、年に2回の定期刊行物として、「Breakthrough Insights」を発行しています。今回は、2017年下半期のレポートの公開です。 2017年は、アマゾンのようなネット先行者の小売店 […]

2017.12.15

KANTAR RETAILのバーチャルリアリティ技術による「ショッパー購買検証ツール」のご紹介

店頭における売場提案がカテゴリーの売上目標達成に貢献できると確証をもって提案できていますか?店頭実行プランが本当に効果的なのか、多くの場合確証なく提案をしてしまっているのではないでしょうか? この度、KANTAR RET […]

2017.09.25

【メディア掲載】「ダイヤモンド・チェーンストア」9月号特集記事に掲載されました。

ダイヤモンド・リテイルメディアの定期刊行流通専門誌『ダイヤモンド・チェーンストア』9月号の特集「世界を揺るがすハードディスカウンター、アルディ、リドルの猛威」内に、カンター・ジャパン エグゼクティブディレクター伊原弘晃の […]

2017.09.06

KANTAR RETAIL、トップ50小売業のランキング公開

KANTAR RETAILは、米国トップ50小売業、グローバルトップ50小売業のランキングを発表いたしました。今回の発表ではトップ3に大きな変化が見られ、グローバルのトップ50企業の入れ替わりも激しいものが見られます。 […]

2017.07.31

KANTAR RETAIL、PoweRanking®調査 中国版レポート 公開

KANTAR RETAILは、アメリカ、イギリス、中国で年に1度実施しているPoweRanking®調査を公開しています。 これは、小売業とメーカーが互いの関係をどのように見ているかをベンチマークする調査で、KANTAR […]

2017.07.12

KANTAR RETAIL 2017年上半期 BREAKTHROUGH INSIGHTS 公開

KANTAR RETAILは、年に2回の定期刊行物として、本レポート「Breakthrough Insights」を発行しています。今回は、2017年上半期のレポートの公開です。 2017年も半年が経過する中、世界の小売 […]

2017.06.09

【メディア掲載】日本語版 Insight2020が『DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー』3月号に掲載されました

Kantar Vermeer(カンター・フェルメール)が実施した「Insight2020」(インサイト2020調査)が、2月10日発売の『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー』3月号に特集記事として取り上げられて […]

2017.03.09

Insight 2020、米 Harvard Business Review誌に特集掲載

カンター・グループのカンター・フェルメール(Kantar Vermeer)社が実施した「インサイト2020調査」(Insight 2020)が、米ハーバードビジネスレビュー誌 9月号に取り上げられ、10ページの特集記事として掲載されています。

2016.09.02

Asia Pacific 2016 in Tokyo – ESOMARによるイベントのご紹介

第17回を迎えるESOMAR ASIA PACIFIC、今年は日本での開催となります。カンターグループからもスピーカーとして3名が、5月18日(水)・19日(木)のConference dayに登壇いたします。ご興味のある方は、Esomarのホームページ(下記にリンクを記載)から参加のご登録を行っていただき、是非足をお運びください。

2016.05.12

チャリティーに時間を費やす可能性が高い人の割合は45%。

チャリティー、社会活動に時間を費やす可能性が高い人の割合は、日本45%、アメリカ77%、ナイジェリア95%。 市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、日本を含む24ヵ国 […]

2014.10.30

高齢になるまで働かなければならないと考えている人は61%。

齢になるまで働かなければならないと考えている人は61% – 韓国は81%。16歳以上の消費者の価値観調査 – 市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦 […]

2014.10.23

より大きな報酬を得るチャンスのために多少のリスクを負う人の割合は27%。

より大きな報酬を得るチャンスのために多少のリスクを負う人の割合は27% – 24ヵ国中最下位はドイツの24%。日本は23番目に低い – 市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区 […]

2014.09.18

アルコール飲料を毎日飲む人の割合が24ヵ国中1番高いのは日本。

アルコール飲料を毎日飲む人の割合が24ヵ国中1番高いのは日本 市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、日本を含む24ヵ国の市場トレンドと将来予測情報(名称:「グローバル […]

2014.09.10

24ヵ国で「お年寄りは何歳から?」を調査。世界の平均は63歳、日本は68歳

市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、日本を含む24ヵ国の市場トレンドと将来予測情報(名称:「グローバル・モニター」調査)を企業に提供しています。 今年の2月から3月 […]

2014.07.17

「見た目」、「収入」より 「知性」に秀でたい53%。

53%の人が「見た目(ルックス)」、「収入」より 「知性」に秀でることを理想と考えている – 諸外国でも同様の傾向あり。24ヵ国調査 –   市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本 […]

2014.07.03

アメリカの10代が得るお金の主役「親からもらうお金」と「ギフトカード」。

アメリカの10代が得るお金の主役は、 「親からもらうお金」と「ギフトカード」 フルタイムの仕事からお金を得ると回答する人の割合が2007年調査よりも減少 市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表 […]

2014.06.04

「いつも異文化体験を探している」で、 日本は最下位。

市場調査会社の株式会社カンター・ジャパンは、日本を含む22ヵ国の市場トレンドと将来予測情報(名称:「グローバル・モニター」調査)を企業に提供しています。今年の2月から4月にかけて行った調査で、各国の消費者が新しい経験や異文化体験にどの程度関心を持って行動しているかについて問いました。その結果、日本人は、諸外国の人々よりも新しい経験や異文化体験を求めていない姿が見えてきました。

2013.12.19

自国の価値観や伝統が損なわれる懸念。日本人は?

「価値観や伝統が、国際的な影響により損なわれることを懸念」する人の割合では、日本がドイツに次いで2番目に低いーー22ヵ国の価値観調査> 市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、取締役社長:大竹 […]

2013.11.20

「経営者は、ばれない限り消費者を利用」と捉える人が57%。

「経営者は、ばれない限り消費者を利用」と 捉える人の割合が57% 日本の調査結果とアジア、ヨーロッパ、北米の比較 – 市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、取締役社長:大竹秀彦)は、日 […]

2013.11.13