インスピレーション / ニュース

【メディア掲載】Campaign Japan:今年の国際女性デーに、アジアのブランドはジェンダーの固定観念をどう克服するか

2019年3月8日 広報室

Kantar のインサイト部門でブランドの地域担当を務めるアニタ・ラオ・カプールの考察が、アジア最大の広告専門誌『Campaign Asia Pacific』に掲載、さらに同誌『Campaign Japan』にも日本語で掲載されています。

ジェンダー問題にうまく取り組む秘策とは何でしょうか。世界的に議論が盛り上がる中でブランドは、事業を展開している国でどのような会話が交わされているかに注目することが大切です。キャンペーンがいかに意味のあるものであっても、それがどのように受け入れられ判断されるのかについては、国ごとの微妙な文化的ニュアンスが影響を与えます。

本記事では、テーマを推し進める前に戦略的なアプローチのためにはその国の人たちにとって何が重要なのかをしっかり理解すること、その必要性を伝えています。詳しくは、下記Campaign Japanのサイトの記事をご覧ください。

Campaign Japanの記事(日本語)はこちら


KEYWORDS この記事のキーワード: