KANTAR MILLWARD BROWN / ニュース

【ニュースリリース】Kantarのブランドエクイティ評価システム「The Meaningfully Different Framework」が、MASBによる評価基準の認定取得

2018年8月31日 広報室

カンター・ミルウォード・ブラウン(Kantar MillwardBrown)のブランドエクイティ(価値)評価システムである「The Meaningfully Different Framework (MDF) 」が、「マーケティング・アカウンタビリティ・スタンダード・ボード(以下、MASB)」による「マーケティング指標の監査プロトコル(以下、MMAP)」の審査プロセスにおいて測定基準の審査を完了いたしました。

マーケティング指標の監査プロトコル(MMAP)」MASB. Marketing Metric Audit Protocol (MMAP). February 2009.とは、MASBのプロジェクトの1つで、マーケティング活動やその測定基準が企業の財務実績につながる一連の結びつきを評価するための、業界で認められている正式な審査手続きです。

MASBエグゼクティブディレクター、およびMMAPセンターのチーフアドバイザーであるFrank Findley氏は次のように述べています。

「MMAPに準じたMDFを実施することで、カンター・ミルウォード・ブラウンは、財務成果と結びつく確固たる有効なツールを開発するという責任を果たし、マーケティングリーダーが自信を持って投資判断を下すことを支援しています」

MDFは、ブランドがターゲットとなる人々と有意義に結びつき、ブランドが競合と差別化されて、人々にすぐに気付いてもらえるよう、検証されたことを前提に構築されています。また、これまで継続的にモニタリングしてきた定量的なデータにも基づいています。

600以上のクライアント、20,000の継続中のアプリケーション、および12万以上のブランドで構成された標準データベースを用いているMDFは、世界で最も広く使用されているブランド価値の評価ツールです。エクイティ、およびブランドガイダンスソリューションだけでなく、プロアクティブな評価、メディア最適化プロトコルが統合されており、カンター・ミルウォード・ブラウンのポートフォリオ全体に影響する共通通貨としての役割を果たしています。MDFはWPPが毎年公表しているBrandZ™ Top 100 の要にもなっています。

Kantar North Americaのチーフ・クライアント・オフィサー、Christopher Murphyは次のように述べています。

「開発と検証における厳しい道のりがあったお陰で、我々は安心して、MDFを第三者であるMMAPの審査プロセスに委ねました。MMAPは、MDFを関連性や実行力、予測の妥当性、感度、シンプルさ、そして透明性を含む理想的な指標として10の基準に照らし合わせて完全に評価してくれました。この監査におけるMASBの精査を追求する姿勢にはとても感銘を受けました。レビューと認定プロセスが終了したことは我々の誇りです」

The Meaningfully Different Framework (MDF) について

「The Meaningfully Different Framework」は、カンター・ミルウォードブラウン(Kantar MillwardBrown)のブランドエクイティ測定のフレームワーク。現在のブランドの強さ、潜在的成長性、プレミアム価格設定する能力の3つを通してエクイティを見ていくもので、フレームワークは以下の3つの要素から構成されています。

  • 意義性:全てのブランドにおける基礎的な要素。ブランドがニーズや嗜好を満たさない限り、消費者がブランドを購入する可能性は低くなります。
  • 差別性:ブランドの競争上の優位性/競争力。有意義な差別化が必ずしも購入につながるわけではないが、その差別化が有意義だと消費者はよりそのブランドを選ぶようになります。
  • 想起性:ブランドの成長を促す主な要素。想起性を伸ばすことができなければブランドの成長は見込めません。

MDFに関する詳しい記事はこちら

MASB: マーケティング・アカウンタビリティ・スタンダード・ボードについて

MASB: Marketing Accountability Standards Board of the Marketing Accountability Foundation は、一流マーケターたちによる測定運営団体であり、責任あるマーケティング実践の確立と推進に専念する団体です。詳細はMASBのWEBサイトをご覧ください。

MASB: Marketing Accountability Standards Board of the Marketing Accountability Foundation

本リリースに関するお問い合わせ先

株式会社カンター・ジャパン
広報 E-mail:Marketing@kantar.co.jp


KEYWORDS この記事のキーワード: