KANTAR FUTURES

アジア人、モノを買うとき「デザイン」重視の傾向。

2013年10月22日 広報室

アジア人には、モノを買うとき「デザイン」重視の傾向あり。
– 日本を含むアジア、欧米比較調査 –

市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、取締役社長:大竹秀彦)は、日本を含む22ヵ国の市場トレンドと将来予測情報(名称:「グローバル・モニター」調査)を企業に提供しています。
今年の2月から4月にかけて実施した調査の中で、各国の16歳以上の消費者に対し「モノ(製品)を買うとき、スタイルやデザインは性能と同様に重要だと思うか?」という質問を行いました。すると、「非常にそう思う」又は「ややそう思う」と回答した人の割合が、日本で59%、中国で70%、インドで69%など、アジアの国々で概ね高いことがわかりました。一方、イギリス39%、ドイツ41%、アメリカ42%など、欧米ではそれほど高くありませんでした。
※全文PDFのダウンロードはこちらです。
■ 欧米と比べると、アジアの方が「スタイル」、「デザイン」を重視
「モノ(製品)を買うとき、スタイルやデザインは性能と同様に重要だと思うか?」の問いに対し、「非常にそう思う」又は「ややそう思う」と回答した人の割合を合計し、アジア(日本、中国、インド、インドネシア、韓国、タイ)、ヨーロッパ(スペイン、イタリア、ドイツ、フランス、イギリス)、北米(アメリカ、カナダ)の数値を比較しました。すると、アジアが中国の70%を筆頭に概ね高かったのに対し、ヨーロッパと北米はそのほとんどが40%台に留まりました。
(図は全文PDFを参照)
■ 日本では、「性能」と同様に「スタイル」、「デザイン」を重視する傾向が強まる
また、2010年にも同じ調査を実施しており、「非常にそう思う」又は「ややそう思う」と回答した人の割合について、日本での当時の回答と今年の回答を比較しました。すると、2010年が51%で、今年は8%増えて59%になりました。
(図は全文PDFを参照)
■ まとめ
この調査によると、日本の消費者は、欧米の消費者よりもモノ(製品)を購入する際に「スタイル」や「デザイン」を重視しており、その傾向は以前よりも強くなっています。これは、中国やインドでも同様で、自分が買うモノ(製品)に「スタイル」や「デザイン」を求める消費者層の増加を示していると考えられます。
■ 調査概要
カンター・ジャパンは、22ヵ国の市場トレンドの把握と将来予測を行い、その情報・分析レポートを企業に提供しています。調査を実施しているのは、同じカンター・グループに属するザ・フューチャーズ・カンパニー社です。
上記では、22ヵ国のうち、13ヵ国について取り上げました。
・調査名称:「グローバル・モニター」
・調査頻度:年1回
・調査時期:2013年2月から4月(2013年)
・調査方法:主にインターネット調査(日本含む)。国により対面調査
・調査対象:16歳以上の男女
・対象者数:22ヵ国でn=22,000(調整を実施)。日本は992名(2013年)
・調査国:日本、韓国、中国、インド、インドネシア、タイ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、アメリカ、カナダ(ここまでが上記13ヵ国)、オーストラリア、ロシア、ポーランド、トルコ、南アフリカ、メキシコ、コロンビア、ブラジル、アルゼンチン
※本文を引用される場合は、出典が「カンター・ジャパン」であることを明記してください。
■ カンター・ジャパン会社概要
カンター・ジャパンは、前身企業から数えると日本で50年超の歴史を持つ市場調査会社です。13の企業(グループ)で構成されるカンター・グループに属し、日本だけでなく海外の消費者調査まで幅広く手掛けています。親会社は、世界有数の広告会社であるイギリスのWPP(ダブリュー・ピー・ピー)です。
・社名:株式会社カンター・ジャパン
・本社:東京都渋谷区代々木2-1-1 新宿マインズタワー6F、7F
・取締役社長:大竹秀彦
・事業内容:市場調査、およびそれに付随するアドバイザリー業務
・ウェブサイト:https://www.kantar.jp
※全文PDFのダウンロードはこちらです。
関連記事

2013.08.27[ニュースリリース]日本人は「健康」に対する自己評価が低い。