ニュース / 企業情報

2020.01.17

2020年1月23日(木)スイス・ダボスにて開催のWPL (Woman Political Leader)サミットにて、女性リーダーに対する世論調査「レイキャビク・インデックス・フォー・リーダーシップ2019-2020」を発表

2020年1月23日の 世界経済フォーラム(WEF) 内の朝食イベントにて、WPL/KANTARは、女性リーダーに対する世論調査の最新版「レイキャビク・インデックス・フォー・リーダーシップ2019-2020」を発表いたします。

「レイキャビク・インデックス・フォー・リーダーシップ」調査では、カンターの「レイキャビク・リーダーシップ指数」を活用し、個人の適性の観点から組織トップや組織内で権限を持つポジションに対して、どの程度「男性と女性が等しい」と思われているかを測定しています。この指数では、社会のあらゆる産業・分野のリーダーとして男性と女性が等しくある状態を100とし、100を下回るスコアは、ある程度の偏見がその社会に存在することを表しています。

最新の本調査データによると、リーダーシップにおける男女の平等性について、これまで平等性が低かった日本、ドイツ、イタリアで改善があった一方で、平等性が高かったアメリカとイギリスが後退したことも明らかになりました。

G7諸国のレイキャビク・インデックス・フォー・リーダーシップ2019
調査国(G7)2019 インデックススコア前年比*
カナダ771
フランス77-0.5
アメリカ75-1
イギリス73-4
日本703
ドイツ693
イタリア685

1月23日のイベントパネリストは以下のとおり。

  • Helen Clark, incoming Chair of WPL Board 2020, Prime Minister of New Zealand (1999 – 2008)
  • Jose Manuel Barroso, Chair of Goldman Sachs International, President of EU Commission (2004 – 2014), Prime Minister of Portugal (2002 – 2004)
  • Christy Tanner, Executive Vice President and General Manager CBS News Digital
  • Ann Cairns, Vice Chairman Mastercard
  • Barri Rafferty, President and CEO Ketchum

最新の女性リーダーに対する世論調査「レイキャビク・インデックス・フォー・リーダーシップ2019-2020」のレポートダウンロードと日本語のプレスリリース記事はこちら

Women Political Leaders (WPL)について

WPLは、女性政治家のグローバルネットワークです。WPLのミッションは、政界でリーダーの地位にある女性の人数と影響力を拡大していくことにあります。WPLのメンバーは、大統領、首相、閣僚、国会議員など、政治的要職にある女性たちで構成されており、メンバーシップは無料で、WPLへの参加自体がメンバーの栄誉となります。詳しくは → https://www.womenpoliticalleaders.org/about/

カンターについて

カンターは、世界最大規模の広告代理店「WPP」の調査・コンサルティング領域を担う、マーケティングのインサイトとコンサルティングで世界をリードする会社です。 100か国以上、3万人の従業員を擁するカンターは、あらゆる分野の専門的なリサーチおよびコンサルティングにおいて、世界中の企業や政府機関に納得いただけるインサイトとビジネス戦略を提供しています。 Global Webサイト:www.kantar.com

カンター・ジャパンのニュースレター

カンターは、アジア地域のアップデートをメールマガジン形式で配信させて頂いております。カンター・グループの誇る各ソリューションブランドのさまざまな取り組みをご紹介していきますので、皆様のビジネスチャンスにぜひお役立ていただけますと幸いです。ご興味のある方は、「ニュースレター登録」からご登録ください。 ※メール配信停止をご希望の方は、お手数ですが空メールをお送りください。次回配信より停止させていただきます。配信停止希望のメールは下記E-mail宛にお送りください。

  • レイキャビク・インデックス・フォー・リーダーシップに関する日本のお問い合わせ先:E-mail:Marketing@kantar.co.jp
この記事をシェアする

関連記事