2019.08.09

THE DIVERSITY STUDY 2019 「ジェンダー不平等さは残るも、人々がこのテーマを話す機会は増えている」

職場におけるジェンダー意識調査


カンターは、日本を含むアジア・パシフィック地域のメディアおよびマーケティング、通信関連企業で働く人々を対象に、職場におけるジェンダー意識調査を行っています。これは、メディア・マーケティング業界における人々の意識や行動の変化を研究するもので、真のジェンダー平等の実現に向けて、2017年より広告専門誌Campaign Asia-Pacificと共同で取り組んでおり、今年は3回目の実施となりました。

今年のレポートでは、以前としてジェンダーにおける不平等さは持続するものの、人々がそれについて話す場があり、意識向上にはつながっているという実態が明らかになっています。

2019年度版のレポートをダウンロードする

2019年度 最新版レポート(PDF)はこちら

THE DIVERSITY 2018 – A Campaign and Kantar study 「アジア太平洋におけるメディア・マーケットにおけるジェンダーの平等に関する状況について」

第2回の調査レポートは以下のリンクよりダウンロード/閲覧できます。キャンペーン掲載記事はこちらから。


THE DIVERSITY 2017 – A Campaign and Kantar study 「アジア太平洋におけるメディア・マーケットにおけるジェンダーの平等に関する状況について」

2017年2月に行われた、第1回目となる同調査は、日本を含むアジア太平洋地域21カ国のメディアおよびマーケティング関連企業に勤める630人(男性236人、女性394人)を対象に行われました。職場において、女性であることによってチャンスを逃していると感じている女性は43%もいることが分かっています。
リーダーとなる志は男女間で同様に見受けられ、本調査では男性の94%と女性の89%がリーダーになることを望んでいました。メディアおよびマーケティング業界の全組織レベルで、リーダーを志望する傾向は男性の方がわずかに強いものの、多くの女性もリーダーシップをとる意欲があることは明らかでした。しかしながら、インタビューに参加した男性の24%はすでにリーダー的立場にあるのに対し、女性参加者で同リーダー的立場にあるのはわずか9%。このデータから女性の望んでいることと、達成していることにおける明らかなギャップがうかがえます。

「経営陣を率いるのは男性です。女性は立場を決められ部長職までは育てられますが、経営幹部の中に女性は含まれていません。」という女性の回答もあります。女性も男性と同じように仕事への向上心を持っていますが、それが思い通りの昇進に結びつくとは限らない状況があるようです。詳しくは、2017年レポートへ。

A Campaign and Kantar study 「アジア太平洋におけるメディア・マーケットにおけるジェンダーの平等に関する状況について」

2017年度版レポートをダウンロードする


この記事をシェアする
 

KEYWORDS この記事のキーワード: