KANTAR MILLWARD BROWN

ウェビナー録画版:Is Advertising Dying?

2017年6月13日 広報室

今、広告の在り方は根本的なところから変化しています。世界的に経済成長が鈍化し、デジタルをはじめとする新しいタッチポイントが増える中、マーケターはとりえるアプローチを全て使って短期的な成果を追いかけています。 しかし、このやり方は、もはや広告をより効果的なものにはしません。 むしろ、そのような活動はブランドに対する消費者の反感を強め、広告は物理的にも心理的にもブロックされるようになってきています。広告そのものの衰弱につながっているのです。もしも、まだ広告が死んでいないであれば、私たちはそれを阻止するためにまた一歩前進する必要があります。

2017年6月12日に開催したウェビナーでは、デジタル活動での焦点を、どのようにしたら「長期的なブランド構築」にシフトできるのか、そして、その上でどのようにしたら「短期的なセールス転換」と両立させていくことができるのかについて考えます。
録画版の視聴はこちらから


KEYWORDS この記事のキーワード: