KANTAR PEOPLE

カンター・ジャパンらしさは動物園であること -「ひつじ」が多いカンターの人

カンター・ジャパンらしさは“動物園”であること

これは社長・大竹の言葉です。市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、取締役社長:大竹秀彦)は、 従業員数 230 名ほどの外資系企業であり、そこで働く人々は実に多様です。

今回のトピックスでは、そのような従業員を性質と仕事に対する意識の側面から捉えてみよう、という社内の取り組みについて取り上げます。


性質

カンター・ジャパンを“動物園”と言うのであれば、「動物占い®」で従業員を分類してみたらどういう結果になるのだろう・・・そのような好奇心を形にしたのが次の図です。

 

 

 

興味深い点は、「目標志向型」(必ず計画を立て、きちんと「何をやるか」考えてから行動。また、 一度「こうしよう」と思ったら途中で変更するのが嫌い。決めた目標に向かって動き、結果にこだわ るタイプ)に分類される従業員が多数派(60%超)を占めていることです。マーケティング・リサーチ (市場調査)は、情報を誤りがないように収集・分析して顧客企業に提供することが求められるの で、その特性を考えると頷ける結果だと言えます。


仕事に対する意識

数年前に実施した社内勉強会の中で、従業員に対し「仕事に対する意識」についてアンケート調査を行いました。以下の図はそのときの結果を抜粋、加工したもので、「効率を重視して計画実行」、「リーダーシップ志向」などが共通して見られました。

この結果は、現在のカンター・ジャパンにも当てはまっているようです。


まとめ

カンター・ジャパンでは、従業員一人一人の持つ性質や価値観、経験などが様々であることを重視しています。実際、型にはまらない人が多く、典型的な「カンター・ジャパンの人」を言葉で表現するのは難しいです。12の試みが、我々の人となりを少しでも理解する参考になればと思います。

今年大学・大学院を卒業した新しい仲間がこの4月に加わりました。彼らにも自分の持つ個性や経験を活かし、カンター・ジャパンの新しい戦力として活躍してくれることを期待しています。

「動物占い®」は、株式会社ノラコムの登録商標です。

「動物占い®」は、株式会社ノラコムにより提供されている占いサービスです。これは、「四柱推命」をベースにした考え方を採用し、かつ統計学の手法で検証されている信頼性の高いものです。今回の試みは、株式会社ノラコムの了解を得て行っています。上図の複製はご遠慮ください。
動物キャラやその説明などについては、株式会社ノラコムが運営する「動物占い®」のウェブサイト(http://www.doubutsu-uranai.com/)にてご確認ください。