KANTAR FUTURES

「見た目」、「収入」より 「知性」に秀でたい53%。

2014年7月3日 広報室

53%の人が「見た目(ルックス)」、「収入」より
「知性」に秀でることを理想と考えている

– 諸外国でも同様の傾向あり。24ヵ国調査 –

 

市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、日本を含む24ヵ国の市場トレンドと将来予測情報(名称:「グローバル・モニター」調査)を企業に提供しています。

今年の2月から3月にかけて16歳以上の男女約1,000人を対象に日本でインターネット調査を実施し、「知性」、「見た目(ルックス)」、「収入」のうち1つだけが優れ、残りの2つは平均的だとしたら、どの組み合わせが一番理想的かを尋ねました。すると、「知性が非常に高く、見た目(ルックス)と収入は平均的」を選択した人が回答者の53%を占めました。

※全文PDFのダウンロードはこちらです。

日本人は「知性」を選択

日本の消費者に以下の3つの選択肢を提示し、その中から1つを選択してもらいました。

  1. 「知性が非常に高く、見た目(ルックス)と収入は平均的」
  2. 「お金持ちで、見た目(ルックス)と知性は平均的」
  3. 「見た目(ルックス)が非常に良く、知性と収入は平均的」

すると、1を選択した人が全体の53%、2を選択した人が35%、3を選択した人が12%という結果になりました。

 24ヵ国中22ヵ国の人々が「知性」を選択

次に、日本以外の23ヵ国でも同時期に同じ調査を行っています。そこで、各国の調査結果を並べてみると、1.「知性が非常に高く、見た目(ルックス)と収入は平均的」を選択した人の割合では、ポーランドの83%が最も高く、韓国の27%が最も低いことがわかりました。

この1.「知性が非常に高く、見た目(ルックス)と収入は平均的」を選択した人が多数派を占めた国は22ヵ国ありました。一方、韓国とナイジェリアでは、2.「お金持ちで、見た目(ルックス)と知性は平均的」を選択した人が多数派を占めました。3.「見た目(ルックス)が非常に良く、知性と収入は平均的」を選択した人が多数派を占めた国はありませんでした。

まとめ

この調査から、「知性」、「見た目(ルックス)」、「収入」の3つを比較した場合、「知性」に秀でるのを理想と考える人が世界には多いことがわかります。